|JGN-X ウェブサイト|ネットワーク技術の大規模実験検証基盤

進化を続けるネットワーク技術の大規模実験検証基盤

Network Testbed JGN-X

JGN-Xとは?

JGN/JGN2/JGN2plusの成果
-ギガビット級ネットワーク、大規模マルチキャスト・IPv6環境
   そして、さらなる先進的なテストベッドへ-

国立研究開発法人情報通信研究機構(略称:NICT)では、通信・放送機構時代の平成11年度から研究開発テストベッドネットワーク『Japan Gigabit Network』(JGN)の運用を開始し、平成16年度には大規模マルチキャスト環境やIPv6テストベッドを整備した『JGN2』、平成20年度には新世代ネットワークの開発を見据えた先進的なテストベッド『JGN2plus』として技術動向を踏まえながらネットワーク機能・性能を拡充し、その運用を通じて先端的なネットワーク技術の研究開発や多様なアプリケーションの実証実験等、幅広い研究活動を推進してきました。

こうした活動を通じて、先端的な研究開発の推進に加え、ICT人材の育成、地域の研究活動の活性化、国際競争力の向上、産業の活性化等、各種の大きな成果が得られてきたところです。

新世代通信網テストベッド『JGN-X』が目指すこと

これらの成果を踏まえ、平成23年度からNICTは第三期中期計画に基づく取組みに移行し、「新世代ネットワーク技術の確立」を目指します。
2011年3月にJGN2plusを終了し、2011年4月、NICTのネットワーク研究の柱となる新世代ネットワーク技術の実現とその展開のための新たなテストベッド環境として、新世代通信網テストベッド『JGN-X』(JGN eXtreme)を構築、運用を開始し、レベルアップした環境を生かした研究開発に注力してまいります。

  • NICTがこれまでに開発した、あるいは今後の開発が見込まれる新世代ネットワーク技術の要素技術を、実利用に近い広域ネットワークであるJGN-Xに実装・展開していくことで、JGN-Xをご利用いただく皆様とNICTの研究開発との関係をこれまで以上に深めつつ、ネットワーク技術や利活用技術の研究開発を推進します。
  • 大規模エミュレーターであるStarBED3等の他テストベッド環境とも連携し、エミュレーションから広域ネットワーク検証まで行える多層的なネットワークの総合的なテストベッド環境にしてまいります。

そして、新世代通信網テストベッド『JGN-X』は、テストベッド環境での実証・検証結果を研究開発現場にこれまで以上にタイムリーにフィードバックしていくことで、新世代ネットワーク技術の研究開発をスパイラル的に進展させ、最終的には、JGN-X上での新世代ネットワークのプロトタイプの構築を目指します。

  • 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
    総合テストベッド研究開発推進センター テストベッド連携企画室

    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル21F
    TEL:03-3272-3060   FAX:03-3272-3062   E-mail:jgncenter@jgn-x.jp
  • GetAdobeReader
  • PDFをご覧になる場合には
    AdobeReaderが必要です
Copyright © 2016 National Institute of Information and Communications Technology (NICT). All Rights Reserved.