|JGN-X ウェブサイト|ネットワーク技術の大規模実験検証基盤

進化を続けるネットワーク技術の大規模実験検証基盤

Network Testbed JGN-X

ネットワーク構成

メインとなるJGN-Xネットワークの概要

JGN-Xは、以下を実装した多様な実証実験が可能なテストベッドネットワークです。

  • レイヤ2:
    L2スイッチによるEthernet接続によるネットワーク
  • レイヤ3:
    IPv4/IPv6デュアルスタックでのIP接続ネットワーク

接続装置としてのL2スイッチ、仮想化対応スイッチ・ルータ等から構成され、全国25か所にアクセスポイント(略称:AP)を設置しています。
また各拠点を結ぶ幹線区間は、最大100Gbpsのバックボーンを有しております。

その他のJGN-Xネットワーク

JGN-Xは研究開発推進のため、以下のように随時ネットワークを整備・拡大しています。

光テストベッド環境(小金井-大手町-白山)

小金井-大手町-白山の拠点間を結んで低損失の光ファイバ芯線を敷設し、テラビット級の光伝送等の実験が可能な光テストベッド環境を整備しています。

国際回線

海外の研究機関と連携して研究開発を推進するため、5つの国際回線を整備しています。

  • 米国回線(東京~ロサンゼルス)
  • 韓国回線(東京~ソウル)
  • 中国回線(東京~香港)
  • 香港~シンガポール回線
  • シンガポール~タイ回線(シンガポール~バンコク)

PNWによる相互接続

国内ユーザの利便性向上及び地域活性化に貢献するため、全国26か所のアクセスポイントに加え、JGN-Xに接続している地域情報ネットワーク等とも提携し、PNWとして相互接続しております。

  • PNW(パートナーシップネットワーク)
    地域情報ネットワーク等がJGN-Xと相互接続することにより、一般利用者に対して、そのネットワーク経由でのJGN-Xとの接続環境を提供しているものを指します。

 

JGN-Xネットワークの運用・管理

JGN-Xネットワークのパス設定や故障対応等の運用・管理は、分散された地域にあるJGN-X NOC (Network Operation Center)で行っています。
詳細は、下記リンクよりご確認ください。

  • 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
    総合テストベッド研究開発推進センター テストベッド連携企画室

    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル21F
    TEL:03-3272-3060   FAX:03-3272-3062   E-mail:jgncenter@jgn-x.jp
  • GetAdobeReader
  • PDFをご覧になる場合には
    AdobeReaderが必要です
Copyright © 2016 National Institute of Information and Communications Technology (NICT). All Rights Reserved.