「JaNI」によるJGNトラフィック情報等の公開開始

 通信・放送機構では、インターネット、高速ネットワークにおけるネットワーク情報をリアルタイムで収集、分析、加工、可視化して表示する世界最高精度のシステムである「JaNI」(Japan Gigabit Network Information System)を開発。研究成果展開の一環として、一般のJGN利用者や多くの研究機関に、詳細なトラフィック情報をJGNのホームページ上から広く公開しています。

JaNI概要

 ◆標準ネットワーク管理プロトコル(SNMP)による情報収集
 ◆高い時間精度の情報を収集したい場所にはHRTMプローブ(測定器)を配置
 ◆インターネットを経由して、どこからでもネットワーク情報を得ることが可能

●特長

(1)オンライン遠隔システムとして世界最高水準の測定精度
 ・遠隔地の伝送路のトラフィック状況をミリ秒単位で測定

(2)リアルタイムな情報提供
 ・数秒の遅延時間で最新情報の表示が可能

(3)オンデマンドでの情報提供
 ・必要な時、リアルタイムに情報が得られる

(4)ユーザーフレンドリなシステム
 ・ネットワークの専門家でない利用者も使える、Web/Javaによる分かりやすいユーザーインタフェース

●公開情報

(1)JGN全体の一般的情報

(2)個々のプロジェクトに関する情報
 @トラフィック情報(地域毎:ATM交換機(10箇所)、PVC, PVP 毎:接続装置(Fore ASX-1000)の全ノードに対する)
 Aコンフィグレーション情報(PVP/PVC番号、ポート番号等)
 Bネットワーク接続情報(利用している論理接続情報等)
 C研究プロジェクト情報(共同研究プロジェクト自体の研究分野や場所等)

公開イメージ図(JaNIで公開する情報)についてはこちら

●トラフィック情報等の公開に関する留意事項

研究目的の場合に限り、個々のプロジェクトに関する情報等を閲覧することができます。閲覧を希望される方は、アカウント・パスワードが必要になりますので、『JaNI利用申請書』をJGNホームページからダウンロードの上、必要な事項を記載いただき、下記連絡先まで提出をお願いします。その後、TAOで申請内容を審査の上、閲覧の可否をご連絡いたします。

『JaNI利用申請書』はこちらからダウンロードしてください。

(問合せ先)
通信・放送機構 研究推進部
TEL:03-3769-6856 E-mail:jgncentr@shiba.tao.go.jp

JANI



Copyright (C) 2004 TAO All Rights Reserved.