[テーマ]IPv6ネットワーク機器の相互接続検証
美甘 幸路研究員 所属:岡山IPv6システム検証評価センター
氏名:美甘 幸路
1.まえがき
 ルータ等において、IPv6ネットワークを構築するために必要な機能の実装はかなり進んできた。特にIPv6バックボーンを構築する上で、現時点のIPv4バックボーンで使われている通信プロトコルの実装は非常に重要である。具体的には、ユニキャストではRIPng,IS-IS,OSPFv3、マルチキャストではPIM-SM,PIM-SSM等がそれに該当する。ただし、異機種間相互接続については、IPv4時代のようなデファクトスタンダードといえるベンダー機器が存在しないこともあり、その検証は行いにくい環境なのかもしれない。IPv6ネットワークの早期普及を行うためには、ネットワークの規模を拡大していく上で、相互接続は必須であり、重要なキーワードである。したがって、岡山IPv6検証評価センター(以下、「検証センター」)では、バックボーンネットワークで必須となる機能をピックアップし検証を行っている。

 

2.研究概要

 検証センターにおける異機種間相互接続の検証は、プロトコルの中においても必須機能をピックアップし、検証結果をベンダーにフィードバックすることによって機能改善を進めるといったIPv6の早期普及という観点で行っている。
 具体的には、現在、OSPFv3、PIM-SMの検証を進めており、検証結果を踏まえてJGNv6上に適用し運用することによって、運用レベルでの問題点を把握するという方式としている。

 

3.ネットワーク構成

 検証の一部を紹介すると、OSPFv3のコスト反映経路選択検証では、図1のような構成とした。各ルータリンク間に図中のコストを割り付け、数値のないリンクはコストを200としている。実際には、@ABを順に切断した際の各ルータにおける経路を確認し、正しいコスト値となっていることを検証した。この検証においては、各ルータとも正しい経路計算ができていることが分かった。

 また、図2ではPIM-SMにおける最短経路の選択を検証した。各ATMルータのリンク間を数値順に論理的に切断すると、正しいマルチキャストルーティングテーブルを再構築し配信可能かどうか確認するものである。この検証では、一部ルータでトンネル化の際、パフォーマンスに問題があることや、特定のインタフェースでRegister-Stop*1 パケットが出ない問題を発見した。
これらの問題については、ベンダーにフィードバックしすでに解決済みである。

*1 マルチキャストパケットをランデブーポイント(送受信ホストがマルチキャストへ参加するために参加メッセージを送信するルータが存在するポイント)あてにカプセル化するメッセージを抑止すること。

OSPFv3コスト反映経路


▲図1 OSPFv3コスト反映経路
PIM-SM迂回検証
▲図2 PIM-SM迂回検証

 

4.これまでの成果

 IPv6ルータの初期問題として、パフォーマンスの問題があった。これは、JGNv6をユーザが使った時に判明した問題で、当初検証項目として想定していなかったものである。現在のインターネットがそうであるように、IPv6ネットワークでは、当初から広帯域での利用が必要とされた。しかし、パフォーマンスの問題あることが判明し、その検証をするに至った。

 図3は、持込ルータにおけるIPv6パフォーマンス検証を10Gbps Ethernet上で行った構成である。JGNv6上ではATM及び1GbEでの検証が機器構成の上で主になるが、最新のインタフェースを絡めた実運用レベルでの検証は重要な要素だと考えている。
 検証の結果、当初課題としてフィードバックしたパフォーマンス問題は解決されていることが分かった。

持込ルータにおける大規模ネットワークでのパフォーマンス検証
▲図3 持込ルータにおける大規模ネットワークでのパフォーマンス検証
(クリックで拡大)

 

5.社会的効果

 IPv6の異機種間相互接続検証は、各ベンダーの研究室レベルでは機器調達を含めて限界があることが分かった。特に、1社で検証用のハイエンドルータを購入することは困難であり、中でも高価なインタフェースを用いた検証は経済的にほぼ不可能な状態である。これは、新しいプロトコルの検証を行う際に、予めベンダーの研究室で行った検証状況で明確になっている。
したがって、早期の普及を目指すIPv6では、検証センターのような機器持込が可能であり、中立的な立場で検証が行える環境は非常に有意義であるとベンダー各社から評価していただいている。

 

6.まとめ(総括)

今後は、検証結果を基にJGNv6の実ネットワーク上でバックボーン構成を変更し、さまざまな利用形態が複合した状況下での検証を行う。これによって、発生した課題をさらにベンダーにフィードバックし、早期の普及開発を図っていく。


お問い合せホームページへのお問い合せ Copyright (C) 2004 TAO All Rights Reserved.