RISEについて

RISEは、JGN上に構築された『広域SDNテストベッド』

世界最大規模の『広域SDNテストベッド』
  -利用者による新しいネットワーク技術の機能検証が可能 -

世界につながるRISE

RISE※1「JGN提供サービス」の1つ(PDF)で、広域SDNテストベッドとも呼ばれています。JGN 上に構築され、新しいネットワーク技術の機能検証などが可能なサービスとして、JGNの利用者なら、どなたでもご利用いただけます。
OpenFlow※2は、既存プロトコルの制限にとらわれず、自由なネットワーク設計ができる技術です。プログラマブルに設定・制御が行える OpenFlow スイッチやコントローラ※3を用いて、アプリケーションの種類によって通信経路を変えられるなど、利用者の発想次第で柔軟なネットワークを作ることが可能です。これまでと異なり、ネットワークの研究者のみならず、学生・開発者・運用者など、多様な方々が自由な発想で実証実験にご活用いただけます。

本来、OpenFlowはスイッチなどの通信機器を純粋なパケット転送装置として用い、コントローラで集中的に制御していくため、当初は、比較的小規模なネットワークでの利用が想定されていました。
これに対してRISEは、広域テストベッドであるJGN上に構築されている特性を活かし、国内だけでなく海外拠点もあわせて、ご利用いただける世界最大規模の広域SDNテストベッドです。

RISEコントローラのイメージ

      <図表/RISEコントローラのイメージ>



 
  1. ※1: Research Infrastructure for large-Scale network Experimentsの略称です
  2. ※2: OpenFlow は、Open Networking Foundationが標準化を進めているネットワーク制御技術。
    スイッチ上のフローテーブルを外部のコントローラから制御することで、利用者が通信パケットの送信先や
    スイッチ動作を指定することができます。
  3. ※3: 利用者が用意したコントローラを持ち込むことも可能です。

                <RISEサービスの進化

年月日 主な内容
2014.04.01 トポロジー仮想化サービス開始 <Ver3.0>
2012.04.01 マルチユーザサービス開始 <Ver2.0>
2011.11.01 シングルユーザサービス開始 <Ve1.0>



Copyright © National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.